競泳フェルプス選手、金メダルより肩の「紫色の丸」に話題集中

 8月8日、リオデジャネイロ五輪で7日、競泳男子400メートルリレー決勝で、米国のマイケル・フェルプス選手(31)が通算19個目の金メダルを手にした。しかし人々の話題は金メダルよりも、五輪出場5回目となるフェルプス選手の肩にあった紫色の丸い痕に集中した。写真は8日の200mバタフライ準決勝で撮影(2016年 ロイター/Dominic Ebenbichler )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください