働き過ぎが「仕事ができない人」をつくる?

働き過ぎていると
「仕事ができない人になる」理由
勤勉でよく働くことで世界的に有名な日本人だが、労働生産性は外国と比べてとても低いことをご存知でしょうか?
働き過ぎると逆に生産性が低くなってしまうその理由とは?
トヨタに代表されるように、日本企業の生産性の高さはよく知られており、日本人の勤勉さはGDPを押し上げる「強み」だと思っている人も多い。
ところが日本の労働生産性は
・先進国で最下位
・OECD加盟34ヶ国中でも21位
    と、平均より低いのだ。
“怠け者”と思われているスペインやイタリアよりだいぶ低く、ニュージーランドより少しマシという結果に愕然とする人も多いのではないでしょうか?
OECD加盟国の時間当たり労働生産性(2014年)
日本の労働生産性はアメリカの約6割で、OECD加盟国中21位
2005年から21位の状況が続いており、主要7ヶ国で最も低い水準だ。
就業1時間当たりでみた日本の労働生産性は41.3ドル(約4300円)にすぎない。
【ランキング】(単位:換算USドル)
1.ルクセンブルク      92.7
2.ノルウェー             85.6
3.アイルランド         76.2
4.オランダ                67.3
5.ベルギー                66.6
6.米国                       66.3
7.フランス                65.1
8.デンマーク            63.7
9.ドイツ                   63.4
10.スイス                 59.7
11.オーストリア       57.4
12.スウェーデン       57.2
13.スペイン              54.1
14.オーストラリア    53.2
15.フィンランド       50.6
16.カナダ                  52.7
17.イタリア               50.1
18.英国                      49.6
19.アイスランド        46.4
20.スロベニア           42.1
21.日本                       41.3
22. ニュージーランド 39.4
23.スロバキア          38.2
24.ポルトガル          37.9
25.イスラエル          37.0
26.ギリシャ              35.9
27.チェコ                  35.1
28.韓国                     31.9
29.エストニア          30.9
30.ハンガリー          30.8
31.ポーランド           30.6
32.トルコ                 29.1
33.チリ                     27.1
34.メキシコ              19.9
次回は
労働生産性を上げるにはどうすればいいのか?    
についてお話ししますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください