腰椎椎間板ヘルニアについて。学芸大学駅徒歩4分の整体・鍼治療院ならユキカタ整骨院。 交通事故によ

今回は腰椎椎間板ヘルニアについて説明致します。

まず、ヘルニアとは内部のものが外へ出てしまった
状態をそう呼びます。

例えば、饅頭の中のあんこが饅頭の皮の外に出て
しまうような状態です。だから脱腸もヘルニアと

言いますよね。

椎間板ヘルニア

腰部のヘルニアは直接、または間接的に神経を
上記の図のように圧迫するのでかなり腰の痛みと、
臀部から下肢の坐骨神経痛が辛い疾患です。

殆どのものは手術しなくても良くなりますが、
神経の圧迫によりおしっこが出なくなってしまったり、
足の筋肉に力が入らなくなってしまった場合などは
すぐに手術しなければなりません。

治療は電気、患部に負担をかけない程度のマッサージ、
温熱療法、鍼灸などで筋肉の緊張を緩め痛みの強い間は
安静第一を念頭に置きます。

荒療治的な治療は重篤な状態に悪化する可能性が強いので
気をつけましょう。

症状が落ち着くまでは軽いもので2週間前後、重いものでは
数ヶ月かかるものもあります。

筋肉の単なるコリとは違うので多少治るまで時間がかかります。

予防は、疲労を貯めない、動作・姿勢を気をつける、寝る姿勢は
なるべく横向きに寝る、筋力(特に腹筋)を落とさない、といったところです。

次回は、筋・筋膜性腰痛について説明します。

腰痛の種類。学芸大学駅徒歩4分の整体・鍼治療院ならユキカタ整骨院。 交通事故によるむち打ち症、腰

さぁ~、今日からブログ書き始めますヨ!

このブログではただ日記を書くより皆様
の健康に役に立つような知っ得情報を書
いていこうと思います。

一言に腰痛と
いっても様々な原因により引き起こされ、
それぞれ違う病名がついています。

例えば、
1.腰椎椎間板ヘルニア
2.筋・筋膜性腰痛
3.腰椎捻挫
4.腰部脊柱管狭窄症
5.腰椎分離症
6.腰椎すべり症
7.変形性腰椎症  などがあります。

尚、『ギックリ腰』とよく言いますが、
これは急性の腰痛の総称で病名ではあ
りません。

だから急にい痛くなったものはすべて
『ギックリ腰』と言えます。

でも、原因は?

というと、殆どは前記の1~3による
原因が多いでしょう。

次回は一つずつ解説していきますネ!

◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆
目黒区鷹番のユキカタ整骨院です。
東急東横線の学芸大学駅から徒歩4分、
交通事故によるムチ打ち症などに対応
した自賠責保険、労災、各種健康保険
取扱。03-3716-4030
http://www.yukikata.jp
【ユキカタ】←で検索
◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆